自分に得意なアイアンを作るのが鍵

初心者に必要なルールとマナー

ゴルフは紳士のスポーツであると言われる事がありますが、マナーにも非常に細かい規定がありますので、初心者がコースに出る際にはルールだけでなくマナーに関してもしっかりと勉強しておく必要があります。
以前はゴルフコースに出るとキャディーさんや経験者の人と回る事が多かったのですが、最近ではセルフで回るコースも多いので基本的なルールは覚えておく必要があります。
初心者に多いのが規定区域を出てしまった通称OBと呼ばれるアウトオブバウンズですが、決められた区域を出てしまった場合にはティーショットの場合再度ティーショットを3打目として打ち直します。
2打目以降のショットがOBの場合にはボールを打った近くの場所で再度ホールに近づかない場所にボールを落とし打ち直しになり、スコアーに1打罰を加えます。
ただしコースによってはローカルルールとして前進ティーなどが設置されている場合がありますので、ローカルルースがある場合にはそちらを優先します。
それ以外にも会心のショットが池ポチャと泣くに泣けない状況の場合もありますが、打ったボールが池に落ちた又はウォーターハザードと指定されている杭を超えた場合には、一打罰を加えもとの場所からの打ち直し又はハザード区域を横切った最初の地点とピンを結んだ線の後ろにボールをドロップして打ち直します。
又初心者が良くやるミスに空振りがありますが、この場合はボールに当たってなくても1打と計算しプレーを続行します。
初心者が多く起こしそうなミスを例としてあげましたが、これ以外にも多くのルールがあるので始めのうちは経験者のゴルファーとコースに出る事をお勧めします。