自分に得意なアイアンを作るのが鍵

スポーツとして発展するためには

紳士のスポーツと言われているゴルフですが、一昔前まではお金持ちの道楽とかおじさんの社交場などと呼ばれ、広く世間一般にはスポーツとして認識されていないと言うのが実情だった様です。
しかし今では多くの日本人ゴルフプレーヤーが世界で活躍するようになり、又10代の選手がプロとして活躍するようになってきました。
その背景にはゴルフをスポーツとしてにいる人が多くなった事とともに、ジュニア世代の育成が活発になり小さいうちからゴルフをする子供が増えた事が上げられます。
これにより一部の高校でクラブ活動にゴルフが登場し、国体の競技種目にもゴルフが取り入れられるなど、金持ちの道楽からみんなが楽しめるスポーツへ少しずつですが変換を遂げています。
これには子供を将来プロゴルファーにともくろむ親の願いがあるのですが、まだ他のスポーツに比べて気軽に誰でも特に子供が楽しめると言う様な状態にはいたっていないので、広く一般的に子供が楽しめるスポーツになるには時間がかかりそうです。
実際に多くの子供が楽しめる状態ではないものの、過去の野球選手やサッカー選手のようにプロゴルファーが将来就きたい職業ランキングに入るなど、プロゴルファーの職業としての魅力は充分な様です。
現在のところ一部私立高校でしか部活動としてのゴルフが存在しないので、それ以外はジュニアを育成しているレッスンプロかゴルフコースで練習するしか無いジュニアゴルファーなので、底辺拡大が今後ゴルフをスポーツとして定着させるかの鍵を握っている様です。