自分に得意なアイアンを作るのが鍵

ゴルフクラブは何本までもっていいの

ゴルフは紳士のスポーツと呼ばれていますが、他のスポーツ同様に様々なルール及びマナーが存在します。
初心者がコースに出る上で知っておかなくては行けない最低限のルールを紹介していきますが、ルールブックル定められたルール以外にも各ゴルフコースにおいてローカルルールと言うのがありますので、プレーをする前に確認する必要があります。
ゴルフのルールでプレーをする以前に気をつけなくてはいけない事に、実際に使用出来るゴルフクラブの数に決まりがあり、実際にゴルフバックの中に入れられるゴルフクラブの数は14本以下と規定されています。
実際にゴルフクラブの中に15本以上のクラブを入れてプレーをしてしまうと、ルール上は失格になってしまいますので注意が必要です。
それ以外にもグリーン上では他のプレーヤーのライン上にあるボールを拾い上げる必要がありますが、その際にボールの後ろ側にボールマーカーを置く必要がありますが、マーカーを予め用意するのを忘れてしまうとプレーが出来ないので注意が必要です。
実際プレーを始めるにあたっても様々なルールが存在しますが、初心者が一番影響を受けやすいルールとしてはアウトオブバウンズ、通称OBと呼ばれるコースの境界線外にボールが出てしまう場合です。
ティーショットの場合には1打罰を加えて再度ティーショットをやり直し、2打目以降の場合には前に売ったところに近いところへボールをドロップして打ち直し、スコアーに一打罰を加えます。
特に初心者の場合、OBが多くなるとスコアーがどんどん悪くなるので注意が必要です。