自分に得意なアイアンを作るのが鍵

キャディーに頼らずルールを覚える

ゴルフを始めたばかりの人にとっていったいどんなルールがあるのか、特にコースデビューを控えた人は不安になる事ともいます。
実際のゴルフのルールはルールブックだけで小冊子がで来る程あり、また関連したマナーが幾重にも存在するので特に初心者の人には厄介な存在です。
昔のようにコースに出る際は経験豊富なゴルフをゴルファーと一緒やキャディーさんが色々と教えてくれたのですが、最近ではセルフで回れるコースも多くなりキャディー無しや初心者だけで回る事も多くなってきました。
いくつもの状況で初心者が知っておかなくてはいけないルールやマナーがありますが、入れたく無くても入ってしまうバンカーに関するルールを紹介したいと思います。
バンカーにボールを打ち込んでしまった場合、多くの場合はサンドウェッジを利用してボールを打つ事になりますが、その際に自分のクラブをバンカー無い地面にクラブを付けてはいけないというルールがあります。
万一バンカー内で自分のクラブを地面に付けてしまうと2打罰がスコアーに科されるので充分注意が必要です。
バンカー無いでショットをする際にルールで規定はされていませんが気をつけなくてはいけないマナーとして、実際に自分がプレーをした後はレイキ等を使用して砂をもとの状態に治しておく事が、後のプレーヤーを考えた大切なマナーになります。
このときに自分の付けた打ち跡だけでなく、バンカー内を歩いた際の足跡も忘れずにけしておきます。
このように決められているルールだけでなく、他のプレーヤーの事も考えたマナーが多く存在するところが紳士のスポーツと言われる所以です。